出来る風俗嬢は本当に尊敬する。素直にすごいと思います。

ど・・・う・・・・・・・・・もぉ

 
s?たんです
 

あ????今日も最高の儀式を行ってまいりました。

 

生きてるってスバラシー

 

やっぱり人間やらないとダメです。
今日もヘブンに逝ってまいりました!

 
あーー最高だったぁ。
でもやっぱりその子だったから良かったわけでして、これが港によくいる得体の知れない女とかであったらこんな気分には決してなれないわけですよ。

 
めっちゃいい子ですね、やはり。

 
性格のいい子は比例してあちらも良い事が多いです。

 
結局思いやりとかサービス精神なのですよね。
これのない女は会ってても話しててもやっても全部大体よろしくない事が多いです。

 
これは素人、風俗関係がなくどこにでもある一定数存在するのですけれど、たまにキスNG、生フェNGみたいな女っているのですね。
一番萎えるパターンなのですけれどw

 
もうその時点で普通の子だろうが、風の女であろうが、もう今後一切永久に絡むことはないのですがwどういうわけなのかそういった女ほどこちらからしても願い下げなデブスだったり、不潔そうな女であったり逆にラッキーみたいな事が良くあるんですよね。

 

美人でエッチが上手くていい女ほど、このパターンは無いのですよね。

 
そんで、素人ならまだしも風ですらある一定数存在するのですけれど、こういった女は間違いなく人気底辺で指名なしリピナシの地雷嬢で、当然客からの扱いが悪くなって負の感情をぶつけられて、ますますサービスが悪くなって…と負のループにいる事が多いのですね。

 
その逆にデブスのババアでもめっちゃサービス精神があって性格のいい人は、指名上位で人気嬢みたな事もけっこう多いです。
そんで、そういった人は客からも大事にされるから全然病んでいないし、それどころか元気に明るく楽しそうに仕事をしているわけです。
正のループですね。

 
なんで、かつて風通いをしていた時期の俺は目も熟練していましたので、嬢が付いてちょっと会話をするだけでもう当たりかハズレか大体判別が出来ましたらねw
その人が持っている雰囲気と言うかオーラで分かるわけです。

 
世間がもっている風俗嬢のイメージってなんだか病んでそうとか、メンヘラとかありそうですが、上位にいる子たちは全然そんな事はないわけです。
俺はできる嬢は心の底から尊敬をしております。
マジである意味そのへんの名前がほとんど知らないような政治家よりよっぽど社会に貢献していると思えるからです。
男が凹んでいたり絶望したりもうどうにもならない時期に、彼女たちは献身的な喜びを与えて救ってくれるわけですね。
俺も過去にどれくらい救われたのか分かりませんし、俺の友人、知人たちも現在進行形で救われている奴もいます。

うまくは言えないのですけれど情が深いといいますか、ちょっとの事じゃ引かないというか、そういった器量のある人が多いですね。
なので俺は昔からできる風嬢は本当に尊敬をしています。

 
と、まぁ全然話がそれたんですけれどw
今日の20の子は人間的にサービス精神がある子なのですよね。
やっぱあっちも比例しているわけです。

 
割と最悪であったのが、数カ月前に相手をした、20代前半のデブス系です。

デブス系はもうこの時期は基本スルーしていたんですけれど、若かったのと経験が少なめだったので対戦していたんですが、キスNGって言うのですね。
もうこの時点で無かったんですけれど、Fも嫌だというし、そのくせ自分がされるのだけは良くて、もっとしてくれって自分ばっかりなんですね。

さすがにこの時はこの俺が中折れしてしまうくらい萎えたんですがw
その後も連絡をしてきてまたやってくれって言うのですねw
今度は頑張るからやってくれと言うのです。

 
仕方ないから行ってやったのですけれど、Fもしたわけですが数分やったらもう

「まだですかー?」とか「疲れました?」とかぶつくさぶつくさ言うわけです。
 

そんでまた自分ばっかりやってくれやってくれと。

 
外見と中身って一致するんだな?と思いました。
本人は多分悪気はないのですが、相手を喜ばせようという想像力が欠落しているのですよね。

 
そんで結局また中折れしてしまったんで、仕方なく乳首だけナメさせて手コキで果てさせようと思ったのですけれど、乳首舐めもぶつくさ言い出したので、さすがにもうそこで辞めてそっこーで帰ってやったのですね。
もう2度と会う気もなかったですし。

 
そうしたらショックだったのかけっこうな長文で誤ってきまして、次こそ頑張るからまたやってくれと言うのですね。
基本的に根が悪いわけではないのです。
サービス精神があまりにも欠落をしているというか、頭が悪い馬鹿なだけで。

 
でも、もーどーでも良かったので放置をしていたんですけれど、その後もちょくちょくやってくれやってくれと連絡が来るのですね。
お願いだからやってほしいと。
そんで、仕方ないのでその子は結構遠方だったんですけれど、「そんなにやって欲しいならお前がこっちに来い」って言ったんですよね。

 

そしたら
 

「そこまで行くの消耗するじゃないですか?」

 
とか言いやがるんですよ。
道に詳しくないとか本人なりの事情もぶつくさ言っていたけれど

 
信じられないですけど、こういう人種って本当に実在するんですよね。
勉強とかではなく人間的な頭の悪さと言いますか。

 
まぁさすがにもうそこで完全に切りましたが、結局また全然話がそれてしまったのですが、眠くなったのでもう寝ます。



コメントを残す