セックスレスの原因とその解消法について

どうもーーーーん

 
さーたそでございますですはい

 

セックスレスって男が拒否るパターンとか女が拒否るパターンってあるじゃないですか?

 

どっちが多いんでしょうかね??

 

俺の人生の体感的には、男の方が「疲れているから・・」とか「仕事で忙しいから」とかいう体で避けているパターンの方が多い気がします。

 

芸能人とかでも最近は重盛さと美ちゃんのような若くて可愛い子までもセックスレス状態とかありましたよね?

 

そんで、ぶっちゃけた話を言いますと疲れているとかは建前でして、本当のところは

 

飽きてしまっている

 

わけですね。

 

傷つけたくはありませんので、絶対に言いませんが。

 

もうこうなってしまうと、男からすると苦痛といいますか義務といいますか奉仕でしかなくなってしまうわけですね。

 

よく言われるのがセクシーな下着をつけるだとか、雰囲気を変えて色気を見せるとかなのですが、それは完全に逆効果なのです。
 

だって飽きてるんですから、食べ物で例えれば

 

ずーーっとカレーを毎日食べさせられてる中でさらに強烈なカレーの匂いを嗅がされる

 

みたいなもんなわけですね。

 

だから正確にはむしろ

 


逆にヤラせない方向にシフトする

 

が、正しいわけです。

 

裸も見せない、初期のやれるかどうかわからない状態に戻すというのが正解です。

 
見知らぬ男にガードを固くするのとおんなじですね。

 

そしてこれには時間がかかります。

 

さり気なく初めてそうですね・・・セックスレスの状態であったなら数ヶ月くらいで旦那もようやく変化に少し気づいてくるハズです。
それでもすっとぼけ続けて、ひたすらガードを固くしていれば、旦那も変化に気づき次第に求めてきたりします。

 

かといってそこで油断して一気にオープンに戻ってはいけないです。

 

旦那が求めてきてもなお

 

ガードは固くしたまま

 

というのをまだ徹底するわけですね。
逆になかなかやらせない女になるわけです。

 
そしてここまでは時間がかかります。
長い時間かけて飽きてしまったものをまた自然と食べさせたくなるにはやはり時間が必要になるわけですが、今までとは違うのが

 

向こうに空けられていた間ではなくて、自分から空ける間

 
となっていくので、意味合いが全然変わってくるのです。
最初の頃は向こうもこちらが完全にセックスを諦めたと思い楽に思うかもしれないですが、今回は意味合いが違うのでしばらく経つと向こうも変化に気が付きます。

 

なんならもう二度とやらせないくらいの勢いで良いと思いますwww

 
そうなってきますと、だんだん立場が逆転をしてきます。
だんだん向こうが求める回数が増加していき、それでも最後までやらせない。
途中までだとか逆に「疲れてるとか」とか言ったり、それでいてたまに挑発をしてみせたりだとか、もう手の平状態となるでしょう。

 

なんでこんな事が言えるのかといいますと、向こうに拒否られる状態になった経験が一度もないのと、男の心理が分かるというのと、克服法も自分なりに考えて研究をしてきたわけです。

 

他には、「一緒に風呂に入らない」「裸は明るいところで見せない」「下着姿などでうろつかない」などまぁ全部意味は同じですがw
生活丸出し感をやめる。
なんだったら寝室もしばらく別でも良い。

 

後は清潔感ですかね。
徹底的に体臭や口臭、ちょっとした体毛などにも十分に気をつける。

 

これも上記の事くらい大事です。
飽きがきている時というのは相手のほんのちょっとした体臭すらキツく感じてしまうわけです。
一緒に暮らし始めますと、意外とその辺の意識が緩い方も多いものです。
しかもこれは上記の事以上に
相手にはなかなか言いづらい・・・(;´Д`)

 
なので疲れてるだとか、性欲があんまりないだとか、元々淡白なタイプであったとか、角の立たない言い回し

 

で、ごまかし続けていつの間にかレスのまま時間ばかりが経過していってしまうわけですね。

 

つまりまとめますと

 

心の距離はそのままで身体の距離だけ空け徹底した清潔感を保つ(長期展望)

 

っていうのがベターな修復方法です。

 

大きく誤解をされていると思いますが、話し合いうんぬん愛情うんぬんではないのです。実際は

 

ただの生理的なもののすれ違い

 

でしかなかったりします。
そんなものなのですね。
もっと軽い問題なんですよ。

 

愛情はあるのですよねー

 

なので定期的に歯医者へ行って歯石もとり、クリーニングをして舌苔なども常にとって綺麗にする。
唾液の匂いにも注意をしてください。
これもレスの影響はとっても大きいです。

 
こういった事はあまり世間にはおおぴらに出しにくいし、指摘もしにくい、そして解消されないままレスになっているカップルや夫婦の数がとても多いので今回書いてみました。
男女共にレスの原因はこんなことだったりします。
なのであまり考え過ぎたり悩みすぎないようにしてくださいね。



コメントを残す