恋愛活動をしていて気付いたこと。

恋愛活動をしていて最近気づいたこと
それは

自分をどうアピールするとかは恋愛では必要ない事
である。

自己アピールなんていらない、ぶっちゃけ、年齢とか職業とか肩書、経歴と恋愛はほとんど関係が無いのだ。

これはここ数か月間本気で頑張り続けて感じたガチなリサーチによるものなので、信用してもらってもいい。

女はその辺を参考程度にしか見ていない。いくらお金があって、肩書があったっとしても、
それだけだと間違いなくモテない。

実際に街コンや出会いパーティにいった時も、会社経営者や公務員、JR職員などのちゃんとした
肩書の男性もいっぱいいて、彼らとも連絡先を交換してやりとりしてみたけど、
全然といっていいほどモテていない。俺の方がその後も女とのやり取りが続いているくらいだ。

では、女は一体何を見て、何を求めているのか?

その答えは…

この人は私を幸せでとても楽しい気持ちにさせてくれるのかどうか?

それだけなのだ。

もう、これは言い切ってもいい。幸せで楽しい気持ちと言うのは、もちろんドキドキ感であったり、
気持ちよさや刺激、癒しや安心などのほぼ全ての感情が含まれる。

結局求めているものは感情的なものなのだ。

なのでいくらお金や肩書があっても、感情的に気持ちよくさせてくれない男には
決して靡く事は無い。やらせてもくれない(もちろん割り切りなら別)
逆におっさん、ブサイク、貧乏でも感情的に女を気持ちよくさせることができたのであれば、
モテるしヤレるのだ。

若くてかっこいいイケメンがモテやすいのは、
パッと見て感情的に気持ちよくなりやすいかでしかない。

このへんをここ2か月間で嫌と言うほど理解した。

あと、もう一つ大事にしていることが、自信と強さだ。ガンガン引っ張っていくキャラに
今自分はなってるし、演じるようにしてきている。

どうしてかといいますと、こうした方が気持ちよさを感じる女性が圧倒的に多いからだ。

なので、メールでも電話でも、ガンガンいく自信と強さをもって、絶対に負けない思いで、
主導権を握り、なおかつこの子をいかにして幸せな気持ちにさせるか、この子は何を
求めているのか、そのへんに集中して全力を注いでいる。

このことに気づいてから急に調子が良くなってきたのである。

絶好調である。



コメントを残す